短い日記(短くない)

永遠に穏やかに生きたいOLの粗野な生活

女王蜂というバンド

わたしがこのバンドを語るには至らなく、浅いことしか書けないことはわかってる。けど、心の底から好きなバントの1つであることも事実。ニューアルバムが最高過ぎたので思いのたけをここに書かせて…!

 

女王蜂とは

女王蜂はボーカルのアヴちゃん、ベースのやしちゃん、ドラムのルリちゃん、ギターのひばりくんから成る4人組のロックバンド。

ボーカルのアヴちゃんの声は唯一無二。地声のような力強い声と、物凄くかわいらしい女の子の声を使い分けてる。
どっちの声も大好きだけど、わたしが最初に女王蜂を聴くキッカケになった曲が「金星」という曲で、Aメロの声からサビの高音の抑揚よ…。

イントロから心鷲掴みで、歌詞に愛が溢れていて、メンバーみんな美しすぎる。
全てが最高…。

ほんとに歌詞はどこを取ってもすきだし、病みつきになるメロディー…。
初めて聞いたときに虜になり、これ生で聞きたい!絶対聞きたい!!と思ってライブ情報を調べたら、2週間後に地元でライブすること知り、チケットがまだ売っていたのでソッコー買いました。
地元の狭いライブハウス、距離が近いこともあったけど演奏の迫力が半端じゃなかった。そして、生のアヴちゃんが信じられないくらい美しいし歌が素敵。顔が小さい、手足がすごく長い、腰が細い、関西なまりかわいい…。もう完全にドはまりした。

 

アルバム「十」が最高すぎる

2019年5月22日に発売されたニューアルバム「十」。

十(初回生産限定盤)(DVD付)(特典なし)

十(初回生産限定盤)(DVD付)(特典なし)

  • アーティスト:女王蜂
  • 出版社/メーカー: SMAR
  • 発売日: 2019/05/22
  • メディア: CD
 

タイアップの3曲含む全10曲、控えめに言っても最高なので全人類に聞いてほしい…。

個人的にヘビロテしてるのが、「先生」、「十」、 「Introdaction」の3曲。
「先生」は童謡の「結んで開いて」がテーマになっていて、女王蜂らしい「告げ口」や「折り鶴」を彷彿とさせる。女子生徒のパートと男性の先生のパートに分かれているけど、どっちもアヴちゃんが歌っていてパートの切り替わりとセリフが鳥肌ものよ…。
アルバムの構成的に「先生」→「Q.5」→「十」になっていて、「Q.5」は前作のアルバム「Q」から繋がるようにできているけど個人的なプレイリストで「Q.5」を抜いて「先生」→「十」の構成にしたものが気に入ってる。「先生」がセリフで終わるけど、そのあと「十」のイントロが直ぐ入るのが、ゾワッとくる。

「十」はアルバムタイトルにもなっていて、前作が「Q」なので数字でいう9,10の連番になって繋がってる。「十」は十字架のクロスをかけていると思われ、業や背負ってるものを思い起こす。もう、最高すぎん???こんな曲、どんな経験したら書けるのよ…。これは本当にアヴちゃんにしか書けないし歌えない曲なんだろうなあ。

「Introdaction」は曲調が明るいしMVもめちゃくちゃかわいいけど、「どんな時でも大丈夫にしちゃうぞ」から「行く先はばら色」までの歌詞はどの1文をとっても語れるくらい想いが溢れてしまう…!特に好きなのが「アダムとイヴのハイブリッド」って言葉。アダムとイヴのハイブリッドだよ!?!?!!ここでも十字架とリンクするようなキリストの文言が入ってる。アヴちゃんのお誕生日が12/25でイエスが神として降り立った日なのよね。
あとはアダム(男)とイヴ(女)のハイブリッドは性別のハイブリッドも指していると思ってる。アヴちゃんが以前「男ですか?女ですか?何歳ですか?って聞かれるけど、それを抜きにして音楽を聴いてほしい」って話をしてた気がしてて、それも重なってすごく強い歌詞に聞こえる。好きだなあ。

 

女王蜂のライブが最高すぎる

女王蜂のライブといえばジュリ扇ですよねえ。

特に盛り上がる「デスコ」では客席でジュリ扇が舞う。そこはもう本物のディスコよ…ディスコ行ったことないけど。今年のツアー「十」は予定が合わず行けないので残念…。

ライブの思い出はたくさんあるけど、2017年のツアー「A」で気合入れまくって前から2列目を勝ち取り、ステージのすぐそこにメンバーがいたのは本当に感動した。
これは妄言だと思ってもらっていいけど、「金星」の歌詞で『さみしいから 今日は帰さない 話を逸らさないで』というフレーズがあって、その時にアヴちゃんと目が合った。「あ、もしかして今、目が合ってるかもしれない」と思うと口が開いてしまって手で口を覆た瞬間に、アヴちゃんが口の片方を釣り上げてニヤリと笑っていた。これを愛と呼ばずしてなんと呼ぶ!!!(これはもう思い違いでもいいです。そう思い込んでる方が幸せなので。)

とにかくライブめちゃくちゃ盛り上がるし、毎度MCの販促がうますぎて余計に買ってしまう。メンバーみんな素敵だけど、特に本物のやしちゃんの透明感は半端じゃないからね。アニメの悪者のボスの隣にいる健気な美人秘書もしくは愛人的ななにかを感じる(偏見)。いい女過ぎる。

 

嬢王蜂おすすめ曲

とりあえずアルバム「十」は聞いてほしいけど、独断と偏見のおすすめ10選。

1.金星
2.スリラ
3.告げ口
4.空中戦
5.始発
6.緊急事態
7.鉄壁
8.折り鶴
9.雛市
10.くちづけ

「十」に収録されている曲は除いたけど、10曲に絞るのめちゃくちゃ悩んだ。好みがかなり偏ってる気がするけど独断と偏見の選曲なので悪しからず。
すべてがオススメ。即ち、愛です。

 

おわりに

学生時代にMUJICAとか音楽雑誌を割と買っていたのでバンドの存在自体は知っていたけど、実際に聞き始めたのが金星からなのでファンとしてはまだまだ浅い。だけど、バンドが継続されていることに感謝しかない。

聴き始めた当初、周りにそこまで聞いている人がいなくて、新曲出るとツイートして騒いでも割とみんなスルーだったけど、タイアップが少しずつ増えて以前よりtwitterで話題に出している人も増えてとても嬉しい。わたしはバンドが日常の話題でわちゃわちゃやっている話を聞くのが好きなので、いつかラジオ持ってくれたら嬉しいな~と思ったり。今のままでも充分すてきだけどね!!