短い日記(短くない)

永遠に穏やかに生きたい


スポンサーリンク

写ルンですのレンズを再利用した【Utulens】で写真を撮ってみた

f:id:snowout:20200831190107p:plain
7月にデジタル一眼を購入してから、写真に嵌りだしたにのみやです。
写真めちゃくちゃ楽しい!

写真撮るようになって周りから「趣味ができて良かったね」と言われることが増えました。

みんなわたしのこと無趣味な人間だと思ってたんだろうな…(あながち間違ってない)

わたしの使っているカメラ「Olympus OM-DMarkⅢ」についてレビューする前に、
今回はカメラを買う前からずっと使いたかった写ルンですのレンズを再利用したレンズ「Utulens」について書こうと思います。

ほんとに初心者に毛が生えた程度の人間なので、
写真が趣味の人がなんやかんや楽しそうにUtulensで写真撮ってる様子だと思って生温かく読んでやってください。

Utulensとは?

タイトル通り、富士フィルムの写ルンですの使用済みレンズを再利用したパンケーキレンズです。

わたしはフィルムカメラ、特に「写ルンです」のあの独特の写り(チープだと言われればそれまでだけど、その一言では片づけられない淡い発色、雰囲気、冷たい色合いの中にある懐かしさのようなもの)が好きです。

ただ、わたしがカメラを購入する際にフィルムでなくデジタルにしたのは「とにかく現像するまで写りの確認ができない」という不安からでした。

現像するまで楽しみ!みたいなポジティブでいられたら良かったんですが、とにかくiPhoneのカメラの手軽さに飼いならされていたわたしにとって、
なにも考えず被写体に近づきまくったり、撮ったものをすぐ確認して納得いくまで撮ったり、それを寝る前に見てニヤニヤしたり…などができないフィルムカメラは難易度ハードのカメラでした。

じゃあ、写ルンです風の写真を撮るのは難しいのか?と思った時に出会ったのがこのレンズでした。
なにせ、あのわたしの求めている写ルンですのレンズを再利用しているのです。

これは買うしか。

www.gizmoshop.jp
レンズはAmazonまたはGIZUMOショップで買うことができます。
7種類のミラーレスマウントに対応しており、対応機種が広いのも魅力的です。
購入の際はご自身のカメラの型をご確認の上、ご購入くださいませ!


f:id:snowout:20200826225744j:plain
かなり薄いので、持ち運びに便利です。
旅行とか出かけでも、メインのレンズと一緒にUtulensを持ち歩いても邪魔にならないのがよい。

レンズのみ購入すると、レンズキャップやリアキャップもない状態なのでご注意を。
レンズキャップは同ショップで400円で購入できるので、併せて購入がおすすめです。
www.gizmoshop.jp

スペックについてはここで書くより商品詳細ページ見てもらった方がいいと思うので詳しく書きません…

ただF値が写ルンですがF10に対し、UtulensがF16なので写ルンですより更に暗いです。
日中の室内だとフラッシュたかないとシャッター速度遅すぎマンでめっちゃブレます。

Utulensで撮った写真

f:id:snowout:20200831190915j:plain
f:id:snowout:20200831190927j:plain
全体的にボヤっとした写り


f:id:snowout:20200831190904j:plain
逆光だと、赤っぽい?赤紫っぽい?色合いが出ます。
個人的にこの雰囲気がかなり写ルンですっぽいな~と思ったりします。


f:id:snowout:20200903114111j:plain
これだけバチバチ編集しました

Utulensを使ってみての感想

どうでしょうか!?
かなり写るんですっぽい仕上がりではないですか!?!?!?

もちろんオートフォーカスなどない。
でも明るい場所である程度、被写体と距離が離れていれば細かいことは気にせずバシャバシャ撮れます。
何と言っても撮影可能枚数を気にしなくていいからね…


ちなみに以前、本物の写ルンですで撮った写真はこちら
www.notshort.work

カメラ、勉強不足でわからないことだらけなりに「撮りたい写真に近いものが撮れたぞ…!」みたいなのがあるので楽しい。



あとインスタやってるので気が向いたら生温かく見守ってください
https://www.instagram.com/kei_ck12/