短い日記(短くない)

永遠に穏やかに生きたいOLの粗野な生活

月の収入の1/4が服飾費の女がメチャカリで服かりてみた

最初に断っておきますが、わたしは服が好きだけどオシャレではありません。

服を毎月やたら買ってしまう自己満でもはや買い物依存症に片足突っ込んでるのでは?と自分でも若干不安。

そんな人間がメチャカリで服をかりたので、参考になればと思い書くぞ。

 

 

メチャカリとは

earth music and ecologyやAMERICAN HOLICなどのアパレルブランドを展開している会社、ストラップインターナショナルが運営している洋服レンタルアプリ。

現在、初回キャンペーンではじめの3ヶ月の月額5,300円のプランが39円で利用できる破格のキャンペーンをやっており、わたしはこれにホイホイ登録した。

39円っていくらなんでも怪しすぎだろ…と思ったけど、主に自社のアパレルブランドを貸し出しててレンタルで返却された服は古着として出すそう。なるほどな。

 

 

メチャカリでできること

  • 服がかりられる
    プランはいくつかあるのですが、最初に選べるのは月額5,300円で3つのアイテムをかりられるプランです。ちなみにタグがついた状態の新品が届く
    このプランが現在、月額5,300円→39円となってます。

  • 服を着て要らなくなったら返却できる
    新品の服のタグを切って、着て、洗濯して、また着て、洗濯して、飽きてきたな〜ってなったら返却できます。返却には380円の送料がかかります

  • 服がもらえる
    選択したアイテムが出荷完了になってから60日経つと返却不要になり、服はそのまま貰える。
    最初、これ高い服かりてたらすごくコスパいいのでは?と思ってたけど、プラン契約日と出荷完了日にラグがあり、当然プラン契約したその日に服をレンタルしたとしてもその日のうちに出荷されるわけもなく、出荷準備中→出荷完了の流れになることに気づく。
    つまりだいたい3回プランの更新をしないと服がもらえない。しかも、この間その服をかりっぱなしにしなくてはいけない。
    5,300円のプランを3回更新なので15,900円トータルでかかる。仮に1つだけ欲しい服があったとしても10,000円超える服はおそらくメチャカリ内にはない(あるかもだけど数は少ない)ので、3枠の1枠をプラン3回分潰してまでかりてもらってもコスパがいいとは言えない。あと39円期間は何日かりても服は貰えないので注意。

  • 服が買えます
    個人的にこれが一番助かるシステムだと思った。
    出荷完了後にかりた服はアプリ内で「購入する」という選択ができるようになります。
    で、定価で買うの〜?って思うじゃん?
    大体アプリ内で表示されてる参考価格は実際にゾゾなどで売ってる価格より1~2割ほど安い。かつ、アイテムによってはかりた後に30%〜40%ほど値下げされて購入できる(経験上なので割引率は参考程度でお願いします)。この値下げ率がどういう基準なのかは不明だけど、多分、自社ブランドだったら比較的割引率が良いと思われる。あと会員特典で5%オフになる。
    例えば同じYECCA VECCAプルオーバーでも表記に税込・税抜があるものの
    ▼メチャカリ定価:7,900円(税別)
     
    ※ここから30%OFF+5%OFFで5,844円購入可
    ▼ぞぞ定価:8,789円(税込)
     ※タイムセール10%OFF+1,000円OFFクーポンで7,910円購入可

    ぞぞといえば会員割引+クーポン戦略でめちゃ安いイメージあるけど、ぞぞより全然安い…。かりて気に入ってると、定価よりかなり安いし手元のアイテムとも合わせて着やすいしレンタルするより買っちゃお〜となるすごい商売である……

 

 

実際にかりる流れ

この辺はアプリ使えばわかるのでざっくり行きます

①アプリをダウンロード

②会員登録する(会員登録する前にアイテム見れるので契約前にかりたいものがあるか見てみると◎)

③契約する(たしかクレカのみだったと思うので注意)

④服をかりる

⑤かりた服が出荷準備中になる

⑥出荷完了になり服が届く

わたしがかりたのはこちら

f:id:snowout:20191117233125j:image

左から
YECCA VECCA ポケットデザインAラインスカート 8,500円?くらい(うろおぼえ税別)
YECCA VECCA 裏毛スタンドZIPプルオーバー 7,990(税別)
CRAFT STANDARD BOUTIQUE キルトフード付きプルオーバー 4,900(税別)

イエッカベッカとか着るの大学生以来…

昔よりカジュアル寄りになった気がする。わたしが大学生の頃は大人っぽいけど若干のギャルっぽさがあるカジュアルだった気がしないでもない。気のせいかもしれない

 

 

かりてみて思ったこと

イエッカベッカのスカートは人気だったんですが、実物を見るとカサカサした生地かつ重い…!と思って試着してすぐに返却した。

ちなみにzipプルオーバーも同じイエッカベッカ。そこそこ重い。けどこれは形が好きです…ジャージっぽいダサかわいさ…

クラフトスタンダードのキルトプルオーバーは私が着ると防空頭巾みたいになるけどキルティングかわいいし軽いしLを選択したのでかなりゆったりで真冬は中にタートルネック着るとかできそうなので購入しました。

購入価格は2840円+税で3124円。ちなみにZOZOで検索してみると5,940円でした。2,816円の差額。

 

 

メリット・デメリット

メリット

  • 返品できる
    380円かかるとはいえ、実際に着たあと(なんなら何度か着まわして洗濯した後)に返品できるのは強い。実際に着て生活しないと機能性とかサイズ感しっくり来ないこともあるので、時間をかけられる。
    あとはワンシーズンで傷みやすいもの(セーターとか)、流行りのデザインは返すこと前提でかりるのはあり。※返すからといって故意に傷つけるのはダメ絶対。服は大切にしよう

  • 安い
    購入が安い。これに尽きる。買うにしても着まわした後に買うかどうかを決められるので、これ本当に要るか…?という自問自答がゆっくりできる。ただ、人間は一度自分のものにすると手放すのが惜しくなる習性がある点は注意。

デメリット

  • 月額料金が絶妙
    今は39円なので購入も躊躇わずできるけど、通常だと5,300円のレンタル料でそこに購入料金かかってくると思うとやはりちと高い。

  • 服の選択肢
    人によっては全くかりたい服がない可能性がある。
    種類が豊富なのはやはりストラップインターナショナルの自社ブランドだけど、わたしは普段はearthやe hyphen、AMERICAN HOLICは絶対に買わないので、かりる選択肢に入ってこない。結果、比較的価格が高めのブランドを見がちで数も限られる。イエッカベッカとかはかりれるからかりてみるか〜ってノリでかりて買ったので継続するかと言われると難しい。そのブランドのファンであれば神かも。

  • 在庫
    何と言っても在庫が薄い。「在庫あり」から1つかりるだけで「残りわすか」になることがしばしば。結果、かりたいけど在庫があるものは半袖ばっかりでかりれないという状況はありえる。

 

まとめ

洋服のレンタルって初めて経験したけど、思ったより便利だった。家で試着するだけじゃなく、それを普段着にして生活する時の寒い暑い、肩が凝る、意外とウエストが合わない、みたいな細かな気づきをした上で購入するかを検討できるのがありがたかった。

ただやっぱり、ストライプインターナショナルの服を普段買ってる人、または服が好きだけど何買うか迷う…って人にはお勧めするけど、ある程度、スタイルを確立してる人は5,000円で好きな服買う足しにした方がいいかなあ。

今回の記事が洋服レンタルしたことないけど気になるって方の手助けになれば幸いです!

なにはともあれ、新しい服のドキドキ感とお気に入りの服を洗濯して朝選ぶ時の嬉しさは飽きない。たのしい。