短い日記(短くない)

永遠に穏やかに生きたいOLの粗野な生活

令和にチェキ選び

結構前の記事でチェキを買った~って話をしてたんですが、チェキ買うにあたり意外と迷ったのでまとめておきます。チェキ興味あるな~って人の参考になるかはわからないけど、少しでも参考になるといいな。
 

チェキってなんぞ

チェキは富士フィルムから出ているインスタントカメラです。
手軽に撮れる一方でフィルム代や焼きましの観点からあまりコスパのいいカメラとは言えませんが(今は焼きましできるタイプもあるようです)、チェキ本体の可愛らしさや写真のできあがりの色、見た目から今でも活躍しています。結婚式の二次会とかでよくパリピの方が撮ってるやつです。

わたし自身、全然カメラには詳しくないんですが昔から写ルンですが好きで、あの現像した時にどう写ってるんだろ~みたいなのをもう少しお手頃に体験したいと思ったという単純な理由です。
 

どのチェキがいいの??

これ個人的にかなり悩みました。
結論、「どういう撮り方をしたいか」で選択肢が変わるかな~と思います。

  • 最低限、撮れればよし

instax mini 8+
チェキ入門にもってこいの一番シンプルなチェキ。本体価格が税込みで1万きってる一番お手頃な機種です。凝った写真より、まず撮って楽しみたい人向け。
ファインダー覗いて撮って、どんな写真できるかな~と待つドキドキがよい。
ちなみにmini25の方がお値段は少し上がりますが、自動で明るさ調節される点では8+より上位版。


  • 少しだけ機能が充実してほしい

instax mini 70 
接写や弱フラッシュ、遠景モードなどがあるアナログでもすこーしだけ機能が充実してるタイプ。お出かけの相棒として作られているので、見た目もスタイリッシュでかわいい。


  • 変わったサイズのチェキを撮りたい

instax SQUARE シリーズ
長方形のチェキでなく、インスタっぽい正方形のチェキ撮りたい人向け。
スクエアシリーズは発売が新しいのでマクロや二重露光(1枚の写真に2度シャッターを切り、2つの景色を重ねて撮るなどちょっと変わった写真が撮れる)などもでき性能もよいです。
通常のチェキよりフィルムが少しお高め。


instax WIDE 300
大判風のちょっとワイドなチェキ。通常のチェキフィルムの2倍のサイズ
スクエアのフィルムより更に少しお高め。
機能はそこまで充実してるとは言えないけど本体価格が比較的お手頃。

FUJIFILM インスタントカメラ チェキWIDE instax WIDE 300 INS WIDE 300

FUJIFILM インスタントカメラ チェキWIDE instax WIDE 300 INS WIDE 300

  • 発売日: 2014/11/21
  • メディア: エレクトロニクス


  • 撮影に失敗したくない!焼き増ししたい!高性能がいい!

instax mini LiPlay
焼き増しできる機種はいくつかありますが、LiPlayは今年発売した最新チェキ。
デジタル化され液晶もついてて露出も確認しながら取れるので失敗しません。スマホで加工したものをチェキフィルムに印刷できる。
個人的には、どういう写真になってるかな!?と思って浮かびあがってくるのを待つのが好きなのであまり興味そそられなかったんですが、焼き増しも手ごろにできるので皆で写真共有したい人向けだと思います。


  • もはや写真はスマホで撮るからチェキフィルムに印刷だけしたい

instax SHARE
スマホで撮った写真をチェキプリントできるプリンター。もはやカメラではない。「チェキで撮ること」に拘らず、チェキフィルムに印刷された写真が欲しい!という人向け。



現行カメラの機能別表

機種名 フラッシュオフ ミラー※1 二重露光※2 焼き増し 液晶 フィルム 定価
instax mini 8+ × × × × 通常 9,590円
instax mini 25 × × × × 通常 10,265円
instax mini 70 × × × × 通常 14,990円
instax mini 90 × × × 通常 20,360円
instax mini LiPlay 不明 通常 18,900円
instax SQUARE SQ6 × スクエア 17,150円
instax SQUARE SQ10 × スクエア 21,060円
instax SQUARE SQ20 スクエア 24,300円
instax WIDE 300 × × × スクエア 13,910円

※1 セルフミラー。自撮りする時に中心がわかるようにレンズ横に小さいミラーがついている
※2 1枚の写真で2回シャッターを切ることで景色を重ねて撮ることができる。流行ってる(気がする)

わたし調べなので間違ってたらごめんなさい、教えてください。
ここに書かれている以外にできることが多いので、機種名に公式のリンクつけました。詳しくはそちらを。
個人的に買う時に注目した点を項目にしてますが、この表上で同じレベルに見えても実際に価格が上がるほど性能上がってる認識です。
結構中古でもゴロゴロ出てるので、わたしは最初っから中古狙いでした。なので価格は参考程度に見ていた。

 

結局どれを買ったのか

わたしが買ったのはinstax mini 70です。
個人的な選定基準は下記

  • 中古で1万円以下
  • 現行モデルのもの
  • モニターやスマホ連携しない機能がシンプルなもの
  • フラッシュオフできる
  • できれば、接写や景色のモードがある
  • 見た目が好みのもの

instax mini 90の見た目が1番好みだったんですが、状態がいいものは予算オーバーで断念しました。
instax mini 70の見た目も好きだったので、mini 90より安くてmini+8やmini 25より性能が良いもので間をとった形です。6,000円ほどで購入。

買うにあたって調べるまで知らなかったんですが、チェキってフラッシュオフできないものが多いんですね…。基本新しい機種ができるっぽいです。ただお値段が高い…。
もともと、動物の写真を撮りたいと思ってフラッシュ眩しいとビックリするだろうからオフにしたいと思ってたんですが、景色や人間を撮るものと捉えるようにしました。
 

使ってどうよ?

たまに外で写真撮って遊ぶ程度で使うわたしには充分な性能です。
フィルムの値段も安いわけではないので1度に沢山写真を撮るわけではないのですが、見た目はかわいいけど結構重くて、ちょっと遠出して1,2枚写真撮るには少し邪魔になるかなと思います。その点では最新のinstax mini LiPlayは軽量でちょっといいなと思ったりする。
でもやっぱり、写真撮って思った以上にいい感じの写真が浮かび上がってきた時はすごく嬉しくなります。失敗するのも意外と愛着ある写真撮れることもあるので、チェキはインスタント派でございます。


ちょっとした豆知識

使い始めると当たり前になるけど、使い始めるまで知らなかったこと。

  • 電池

発売が古めの機種はリチウム電池を使います。
単三電池でいけっだろ~と思ってると意外と違う電池を使ってることがあるので、中古で買う時などは注意しましょう。

  • 枚数

1パック10枚入り。定価で800円しないぐらいなので1枚80円だと思うとなかなか高価だと思ったりする。だけどなんだろ、やっぱりチェキってかわいいよね。

みんなで送ろうぜチェキライフ。